«前の日記(2010-02-28) 最新 次の日記(2010-03-22)» 編集

おしごとパソコンの日記

2009|11|12|
2010|01|02|03|04|

2010-03-14

[ソフトウェア] ThunderBirdのメールデータ(プロファイル)を移動する

だいぶ間隔が開いてしまって申し訳ありません。
確定申告もあとは提出するだけという状態になったので、更新を再開します。

FireFoxを配布しているMozilla FoundationはThunderBirdというメールソフトも無償配布しています。

OutlookExpressやWindowsMailとは違い、複数のメールアドレスを扱えるのが特徴です。
(Wndows7のWindowsLiveMailは複数メールアドレスを扱えます。)
複数のメールアドレスを使用する必要がある方は、OutlookExpressやWindowsMailよりもThunderBirdを使ったほうが良いです。

さて、ThunderBirdのデータですが、FireFoxと同様にプロファイルでメールやアドレス帳を管理しています。
前回までで取り上げたFireFoxのプロファイルを移動するのと同じ方法で、メールやアドレス帳を別ドライブに保存することができます。

前回までの内容の「FireFox」を「ThunderBird」に置き換えて読んでみてください。
プロファイル(メールのデータなど)を移動できるはずです。
フォルダの位置関係はFireFoxと同じですが、位置は若干違います。

WindowsXPの場合
C:\Document and Setting\username\AppData\ThunderBird\Profiles\

WindowsVista以降の場合
C:\ユーザー\username\AppData\Roaming\ThunderBird\Profiles\

「username」はログインしているユーザー名です。

送受信したメールはブックマークよりも重要なデータでしょうから、早めに移動したほうが良いです。

[]