最新 追記

おしごとパソコンの日記

2009|11|12|
2010|01|02|03|04|

2010-01-02

[パソコン一般] 謹賀新年(パソコンの御守)

あけましておめでとうございます。
初詣は行かれたでしょうか?
2つ3つと神社やお寺を回る方も多いと思います。
draftandgearの場合は…

神田明神下












ここは神田明神下…架空の人物ですが江戸時代に銭形平次が住んでいたのは、このあたりなのでしょうか。
実はココ、秋葉原の外れになります。正面の急な階段をのぼれば神田明神です。

神田明神












流石に正月ですから、賑わいが違いますね。

あなたも銭形平次銭形平次の碑


















御社殿(本殿)の右に銭形平次の碑もあります。
隨神門(正門)の内側にはこんなものも…これであなたも銭形平次!


神田明神の袋 お目当てはコレ!
普段は小さい袋なのですが、今回は大きい袋です。

中身は「IT情報安全祈願」というパソコンのお札です。他では聞いたことがないのでココだけではないでしょうか?
パソコンの街、秋葉原は神田明神の氏子です。5月の連休後の神田祭では、神田明神の神輿が秋葉原を練り歩きます。だから、こんなお守りが出来たんでしょうね。

IT情報安全祈願



















カードが1枚と大小のシールが1枚づつ。どう使えという指示はされていませんが、小シールは携帯電話用らしいです。(仕事のお守りというものもあり、そちらにも付属しています。)
大シールは本体か液晶モニタに貼ることになると思います。
[]

2010-01-07

[ソフトウェア] FireFoxのブックマークの保存場所を変更する(1)

最近はブラウザソフトの機能や検索エンジンの性能も高くなったので、アシスタント機能や検索で容易に目的のページへ辿り着けます。「お気に入り」や「ブックマーク」の必要性はかなり低くなってきています。

しかし、検索では出てこないようなページにアクセスする場合や、「これは!」と思ったページを覚えておくために「お気に入り」や「ブックマーク」は必要な機能で、これを重要なデータの1つと考える人も少なくないと思います。
draftandgearはメーカーのカタログや素材の一覧表のページを画面に出しっぱなしで仕事をしていることが多いのが、これらのページはすべてFireFoxのブックマークに保存しています。パソコンに不具合が起きてWindowsを再インストールするようなときでも、消したくない重要なデータです。これは別ドライブに保存しておきたいところです。

WindowsVista以降のインターネットエクスプローラは、「お気に入り」を別ドライブに設定できますが、WindowsXPでは別のブラウザソフトを使う必要があります。現状で「お気に入り」や「ブックマーク」を別ドライブに保存できるソフトはFireFoxとLunaScapeくらいです。

LunaScapeはインストール時にブックマークを別ドライブに保存するように指定できます。
あまり知られていませんが設定ファイルを変更すれば、FireFoxもブックマークを別ドライブに設定することができます。

【1/20追記】
最新のVersion6.01で試してみたのですが、この機能は無くなっているようです。現状で「ブックマーク」や「お気に入り」を別ドライブに保存できるのは、Vista以降のインターネットエクスプローラとFireFoxだけです。

次回からはFireFoxのブックマークを別ドライブに保存する方法を紹介することにします。

[]

2010-01-09

[セキュリティ] Gumblarウイルスにご注意を!

FireFoxの話を進めるつもりだったのですが、Gumblarウイルスの話が出てきたので急遽取り上げることにしました。

Gumblarウイルス(GENOウイルスとも呼ばれます)は昨年5月頃から流行り出したウイルスですが、昨年の12月から年始に掛けてJR東日本、ホンダ、ハウス食品、ローソン、モロゾフといった一流企業のホームページが感染していたことが報告されています。
詳細はこちらを参照してみてください。

Gumblar対策を再チェック 基本的な作業で感染防止を
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1001/08/news085.html

このウイルスがどんな動きをするのかは、こちらを見て頂いたほうが良いと思います。

今話題の不正プログラム「ガンブラー」は、どんな振る舞いをするのか?
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/08/016/index.html

このウイルスは感染したホームページを見ただけでウイルスをダウンロードしてしまいます。ダウンロード後はレジストリを書き換えて、感染用のウイルスを自動作成します。
ですから運が良ければ、ウイルスに感染したホームページを開いた直後に「プログラムを実行してもいいですか?」「レジストリを変更してもいいですか?」といった表示が出るはずです。これをキャンセルすれば感染は防げると思います。

ただ、感染しても一般のユーザーにはあまり関係ありません。注意しないといけないのは、FFFTPというソフトを使ってデータの納品をしたり、ホームページの書き換えをするパソコンです。ホームページビルダーを使ってホームページの書き換えをしているパソコンもこれに含まれます。

GumblarはJavaScriptを使って感染しようとします。上記のような目的で使うパソコンは以下の項目をチェックしておいたほうが良いです。

1.Acrobat、AdobeReaderの対応版が13日に公開予定なので、
  それまではJavaScriptは使用しないように設定しておく。
  (AdobeReaderでは「編集」メニュー→「環境設定」を選択すると
   JavaScriptの設定ができる。)
2.ワクチンソフトのウイルス定義ファイルは常に最新のものを使用する
3.ワクチンソフトでパソコンの全スキャンをおこなう
4.FlashPlayer、Java Runtime Environment(JRE)を最新のものにしておく
5.MicrosoftOfficeも最新のものにしておく
6.WindowsアップデートでWindowsも最新にしておく

AdobeReader以外は初級者向けマニュアルに書いてあることばかりですかね。

[]

2010-01-19

[ソフトウェア] FireFoxのブックマークの保存場所を変更する(2)

途中でウイルスの話が割り込んでしまいましたが、FireFoxの話を続けます。

FireFoxでは「お気に入り」を「ブックマーク」と呼んでいます。ブックマークはパスワードや機能拡張などと一緒に「プロファイル」として1つのフォルダにまとめられています。
ですから、ブックマークを別ドライブに設定するということは、プロファイルを別ドライブに設定することになります。

プロファイルについて詳しく知りたい方は、FireFoxのサポートページを見てみてください。
https://support.mozilla.com/ja/kb/プロファイル?bl=n&s=プロファイル&as=q

上記のリンクを見て頂ければ保存場所や移動方法などは判ると思いますが、ここでは上記の内容をアレンジしたdraftandgearオリジナルの管理しやすい方法を紹介してみます。

■まず最初に、Dドライブに「FirefoxData」というフォルダを作成しておきます。ここにプロファイルを保存するわけです。

■次に現状のプロファイルをDドライブに「FirefoxData」にコピーします。プロファイルは以下のフォルダに保存されています。
WindowsXPの場合
C:\Document and Setting\username\AppData\Mozilla\Firefox\Profiles\

WindowsVistaの場合
C:\ユーザー\username\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\

FireFox1



















「username」はログインしているユーザー名です。
AppData フォルダは不可視フォルダになっているので、ファイルオプションでWindows上から見えるようにしてやる必要があります。
「Profiles」フォルダの中の「xxxxxxxx.default」というフォルダにプロファイルのデータが収められています。(xxxxxxxxは無意味な英数文字の羅列です。)
この「xxxxxxxx.default」フォルダをDドライブに作成した「FirefoxData」の中にコピーします。

■続いて、1つ上位の「Firefox」フォルダにある「profiles.ini」もDドライブの「FirefoxData」の中にコピーしておきます。(拡張子を表示しない設定にしている場合は「profiles」という名称になります。)

■以上の操作を行ったらDドライブの「FirefoxData」内の「xxxxxxxx.default」フォルダの名称を「Profiles」に変更しておきます。
これでDドライブの「FirefoxData」フォルダの中身は右の図のようになります。
FireFox2













今回はココまでです。

[]