最新 追記

おしごとパソコンの日記

2009|11|12|
2010|01|02|03|04|

2009-11-06

[セキュリティ] WEP解読ソフト付USB無線LAN子機

まさかこんなものが出てくるとは思っていなかったのですが、秋葉原や通信販売で出回り始めたようです。

・中国で大ヒット中の「一生ネットが無料になる機器」とは!?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090930/1029290/?P=1
・WEPの危険度がさらに拡大、解析ソフトつきの無線LANアダプタが発売される
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20091017/etc_gsky.html

上記リンクの記事を読んで頂ければ判ると思いますが、高出力の無線LAN子機とWEP解読ソフトを組み合わせたもののようです。
高出力ということは、送受信できる範囲が広くなるということ。解読ソフトがあるということは、誰でも無線LANの乗っ取りが可能ということになります。

インターネット回線を勝手に使われるだけならまだ良いのですが、LANに侵入されてデータを覘かれたり、ウイルスなどを撒かれては堪りません。

WEPを使っている方は早急にWPAやWPA2に暗号化方式を変更しないと駄目ですね。

[]

2009-11-18

[セキュリティ] パスワードの最小文字数を決める(Professinal版Windowsのみ)

複数の人間がパソコンを使う環境では、全員がセキュリティ意識を持っているわけではありません。
「パスワードを自分の判りやすいものに変更してもいいよ!」と言うと、「1」や「5」といった1桁の数字だけにしたりパスワードなしに設定する人間が必ず出てきます。

自社の情報が漏れる程度ならまだ問題は少ない(それでも大問題)ですが、名簿などの個人情報をパソコンに保存しているときは致命的な問題と言えます。
Professinal版のWindows(WindowsXP-Professional、Vista-Business、Vista-Ultimateなど)ではパスワードの最低文字数を設定できます。これを設定しておけば完全とは言えないもの歯止めになりますし、従業員の意識も変わるはずです。

WindowsXP-Professional の場合
「スタート」→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「管理ツール」→「ローカルセキュリティポリシー」
※クラシック表示にしているときは「パフォーマンスとメンテナンス」は表示されません。
WindowsVista-Business、Ultimateの場合
「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」→「管理ツール」→「ローカルセキュリティポリシー」
※クラシック表示にしているときは「システムとメンテナンス」は表示されません。画像の説明















XPでは「ローカルセキュリティの設定」、Vistaでは「ローカルセキュリティポリシー」というウィンドウが開きます。
アカウントポリシーの中のパスワードのポリシーを開くとパスワードに細かい制限を掛けることができます。
ここで「パスワードの長さ」を6文字にしてみることにします。これで6文字未満のパスワードは設定できなくなります。
「パスワードは要求する複雑さを満たす」を有効にすると、より複雑なパスワードを強制できます。必要があれば有効にしても良いと思います。

もし設定を解除する従業員が出てきたら……まずこんなことをする輩はいないと思いますが、業務を危険に晒す行為をしたわけですから処罰対象と考えて良いです。
最低でも本人を呼んで、厳重に注意する必要があります。

[]

2009-11-22

[新規導入] Windows7は導入したほうが良いのか?

Windows7が発売されてちょうど1ヶ月になります。前のVistaが不評だったせいかWindows7を搭載したパソコンは結構売れているようです。さて、これに飛びついて良いものか...?

Windows7は今までのWindowsVistaとほとんど変わらないようなので、Vistaに対応している周辺機器やソフトは問題なく動くものが多そうです。
先日、知人のパソコン新規導入を手伝ったのですが、「Windows7は次期バージョンで対応」とメーカーのホームページに記載されていた「リッチテキストコンバータ20」も無事に動きました。(ワープロからのファイルコンバート機能だけしか動かしていませんが。)

ただ、画面表示関係はかなり変わっているらしいで、TVチューナーなどを搭載しているパソコンでは問題が起こりそうです。
ソフトウェアは、「まあ、動くんじゃない?」「今のところ問題なし」のような対応が多いようです。
ネットワーク関係ではHomeGroupや Windows Live ID の活用といった新機軸が盛り込まれていますが、旧型のWindowsが混在する環境ではメリットを享受できません。

現在使っているパソコンに急いでWindows7を導入する理由はないと思います。Vistaと比較して高速というのはメリットですが、手間は掛かりますよね。
「発売当初のWindowsは安定性に欠ける」という都市伝説?もあります。Windows98やWindows2000も初期版では問題があって安定したのはサービスパック1からです。初期のVistaでも混乱があり、Windowsアップデートを実施したら周辺機器が使えなくなって困った経験があります。

Vistaで問題があったり、Vistaを我慢していて新規に導入する場合は導入の価値はあります。
Windows7 ProfessionalとUltimateではWindowsXP互換モードが使用できるので、 保険としてこれらのWindows7を導入しておいたほうが良さそうです。

[]