追記

おしごとパソコンの日記

2009|11|12|
2010|01|02|03|04|

2010-04-16

[ソフトウェア] FireFoxのキャッシュだけを別ドライブに保存する

draftandgearはFireFoxのプロファイルをネットワークドライブ上に置くという掟破りのような使い方をしています。
FireFoxのプロファイルはバックアップを取りたいし、使うパソコンも複数ありますし・・・。
まあ、速度は低下するのですが、これらのメリットは捨てられません。

ところで、FireFoxのプロファイルにはキャッシュが含まれています。
これだけはバックアップなどをしても仕方ありません。
キャッシュだけは別のところに保存したい。

FireFoxはアドレス欄(URLを打ち込む欄)に「about:config」と打ち込むと色々な設定ができますが、ここで設定は可能なようです。
これを勧めているブログなども多いのですが・・・これ、Windowsのレジストリを弄るのと一緒ですよね。
パソコン毎に設定しないといけませんし、Windowsの再インストールをしたときにも再設定する必要があります。

結論・・・これはクールじゃない!

調べてみると新規にuser.jsというファイルを作成して、記述する方法もあるようです。
今回はこの方法を紹介します。

■メモ帳などを開く

■以下の内容を記述する
user_pref("browser.cache.disk.parent_directory", "C:\FirefoxCache");

■プロファイル内に「user.js」という名前を付けて保存する

これでCドライブにFireFoxCacheという名前のフォルダが作成されて、ココにキャッシュが保存されます。

[]

2010-04-08

[雑記] メールマガジンを発刊します

メールマガジンを発刊することにしましたので、ご報告しておきます。
タイトルから想像できると思いますが、主に初心者から初級者向けの内容です。

「パソコンは敵じゃない! 零細事業者のパソコン」
まぐまぐ版   http://www.mag2.com/m/0001120480.html
独自配信版  http://smallbiz-pcsys.jp/magagine1/

気が向いたら購読してみてください。
内容はどちらも一緒です。
このブログのサードバーにもリンクを貼るつもりですが、ちょっと後の話になりそうです。

[]

2010-04-06

[雑記] tDiary2.21→2.23のアップデート

このブログはtDiaryという日記システムに標準添付されているプラグインを組み込んでブログに仕上げているのですが、知らない間に新ヴァージョンが出ていたようです。

たまたまサーバーの設定を弄っていてヴァージョンアップに気がついたのですが、
理由は脆弱性!!!・・・要はセキュリティホールだそうです。
http://www.tdiary.org/20100225.html
上のページを読む限り、かなり特殊な環境でしか問題にはならないようですが、アップデートはしたほうがいいだろう・・・ということで、早速アップデートしました。

draftandgearはさくらインターネットのサーバーを借りています。
さくらでは最初からtDiaryが用意されているので、これをそのまま使っています。
最初にtDiaryの公式サイトのものインストールしてみたのですが、うまく動かない。
調べてみると、さくらのサーバー上には2種類のRubyが置いてある様子。
まあイイか・・・ということで素直にさくらのものを使うことにしたわけです。

さくらが用意していたtDiary2.21のディレクトリ構成はさくらの独自構成っぽかったのですが、今度の2.23は一般と同じ構成・・・おい!

Googleなどでも検索してみましたが、これについて書いているものは見当たらず・・・
まあ、このくらいのことは理解していて当然ってことなんでしょう。
けれども、さくら標準のtDiaryを使っているが良くわからないというヒトもいるかな?
・・・ということで、そうした方の参考になればと思い、ブログのエントリーにすることにしました。

■データをダウンロードする
FTPクライアント(要はFFFTPのこと)を使ってdiaryと絵日記プラグインのデータが収められているimagesディレクトリ(フォルダ)をダウンロードしておきます。
・/home/username/diary
・/home/username/www/diary/images
usernameは自分のアカウント、diaryはtDiaryをインストールしたディレクトリです。
diaryディレクトリはさくらのファイルマネージャではアクセスできない位置にありますから、上記のソフトを使う必要があります。
■tDiary2.21をアンインストールする
これはさくらのサーバーコントロールパネルのクイックインストールからおこないます。
素直にバッサリ消してしまいます。
■tDiary2.23をインストールする
サーバーコントロールパネルのクイックインストールからおこないます。
あっという間に終了するはずです。
■フォルダの名称を変更する
先ほどダウンロードしたdiaryフォルダの名称をdataに変更しておきます。imagesフォルダの名称はそのまま変えないでください。
■サーバー上のdiaryディレクトリを開いてdataディレクトリを削除する
/home/username/www/diary/
上記のdiaryディレクトリを開いて、その中のdataディレクトリを削除します。
usernameはあなたのアカウント、diaryはtDiaryをインストールしたフォルダです。
■サーバーにdataとimagesフォルダをアップロードする
/home/username/www/diary/
上記のdiaryディレクトリの中にdataとimagesフォルダをアップロードします。

これで完了です。
設定なども確認してみましたが、完全復活しているようで一安心。

【4/14追記】
dataディレクトリにはアクセス制限のファイルが入ってました。
これは消しちゃマズイですよね。dataディレクトリは素直に上書きしてください。
[]

2010-03-22

[ソフトウェア] FireFoxを使うときの注意点

このブログでは「お気に入り」(ブックマーク)を別ドライブに保存するという観点からFireFoxを取り上げました。けれども一般的には速度が速い、色々なアドオンが使えるといった理由でFireFoxを選択することが多いようです。

ここでは、FireFoxを使うときの注意点を取り上げておきます。

■マスターパスワードを設定すること

FireFoxには色々なサイトのIDとパスワードを記憶する機能があります。この情報はプロファイル内に保存されているので、プロファイルを残しておけば、Windowsの入れ直しなどをしても消えることはありません。
(インターネットエクスプローラのオートコンプリートは消えてしまいますよね。)

便利なのですが、セキュリティの面から考えると非常に不安です。
マスターパスワードを設定して、IDとパスワードを保護しておく必要があります。

「ツール」メニューを開く
「オプション」を選択
「オプション」ダイアログが開く
「セキュリティ」を選択
FireFox3



















「マスターパスワードを使用する」にチェックを入れるとパスワードの入力ダイアログが開くのでパスワードを設定します。

「オプション」ダイアログを閉じて設定終了です。


■FireFoxのアドオンは必要最小限に

FireFoxはアドオンで色々な機能を追加できます。
追加するのはいいのですが・・・色々追加してゆくと動作速度が遅くなってゆきます。
アドオンは必要なものだけを選んで入れたほうが良いです。

draftandgearも機能拡張は幾つか使っていますが、コレは必須かなぁと思うのは
Coral IE Tabです。
FireFox4https://addons.mozilla.jp/firefox/details/10909
IEでないと正常に表示されないページや、IE独自の機能を使ったページは少なくありません。こうしたページをFireFox上で正常に表示するための機能拡張です。(IEの表示エンジンを使用します。)
以前はIE Tabという機能拡張があったのですが、FireFox3.6からは使えなくなったのでCoral IE Tabを使う必要があります。
右下のアイコンをクリックすると表示エンジンの切り替えができます。(上図はIEのエンジンで表示したときのものです。)
IEでないと問題が起きるページは「お気に入り」に入れておく必要がありましたが、これがあればFireFoxのブックマークだけに統合できます。このメリットは大きいです。

[]

2010-03-14

[ソフトウェア] ThunderBirdのメールデータ(プロファイル)を移動する

だいぶ間隔が開いてしまって申し訳ありません。
確定申告もあとは提出するだけという状態になったので、更新を再開します。

FireFoxを配布しているMozilla FoundationはThunderBirdというメールソフトも無償配布しています。

OutlookExpressやWindowsMailとは違い、複数のメールアドレスを扱えるのが特徴です。
(Wndows7のWindowsLiveMailは複数メールアドレスを扱えます。)
複数のメールアドレスを使用する必要がある方は、OutlookExpressやWindowsMailよりもThunderBirdを使ったほうが良いです。

さて、ThunderBirdのデータですが、FireFoxと同様にプロファイルでメールやアドレス帳を管理しています。
前回までで取り上げたFireFoxのプロファイルを移動するのと同じ方法で、メールやアドレス帳を別ドライブに保存することができます。

前回までの内容の「FireFox」を「ThunderBird」に置き換えて読んでみてください。
プロファイル(メールのデータなど)を移動できるはずです。
フォルダの位置関係はFireFoxと同じですが、位置は若干違います。

WindowsXPの場合
C:\Document and Setting\username\AppData\ThunderBird\Profiles\

WindowsVista以降の場合
C:\ユーザー\username\AppData\Roaming\ThunderBird\Profiles\

「username」はログインしているユーザー名です。

送受信したメールはブックマークよりも重要なデータでしょうから、早めに移動したほうが良いです。

[]

2010-02-02

[ソフトウェア] FireFoxのブックマークの保存場所を変更する(3)

前回の続きです。

■メモ帳などを使って、Dドライブにコピーした「profiles.ini」を編集します。変更するのは最後の2行だけです。

変更前
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=C:\Documents and Settings\username\ApplicationDataMozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx .default

変更後
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=0
Path=D:\FirefoxData\Profiles

修正箇所は太字にしてみました。
上記の修正が終わったら、保存してメモ帳を終了します。

■修正した「profiles.ini」をCドライブの「profiles.ini」に上書きして設定は完了です。

■Firefoxを起動してみます。

■うまくいったらCドライブの「xxxxxxxx.default」フォルダをゴミ箱に捨ててから、再度Firefoxが起動するか確認してみます。

Windowsの再インストール(リカバリ)をおこなったときは、Firefoxをインストールして1度Firefoxを起動した後、上記の「profiles.ini」を上書きすれば完全復活するはずです。


もし、このエントリーが参考になったという方は、左のブログランキングのアイコンをクリックして頂けないでしょうか。どれでも構いませんが、全部だと非常にありがたいです。勝手なお願いですが、宜しくお願いします。

[]

2010-01-19

[ソフトウェア] FireFoxのブックマークの保存場所を変更する(2)

途中でウイルスの話が割り込んでしまいましたが、FireFoxの話を続けます。

FireFoxでは「お気に入り」を「ブックマーク」と呼んでいます。ブックマークはパスワードや機能拡張などと一緒に「プロファイル」として1つのフォルダにまとめられています。
ですから、ブックマークを別ドライブに設定するということは、プロファイルを別ドライブに設定することになります。

プロファイルについて詳しく知りたい方は、FireFoxのサポートページを見てみてください。
https://support.mozilla.com/ja/kb/プロファイル?bl=n&s=プロファイル&as=q

上記のリンクを見て頂ければ保存場所や移動方法などは判ると思いますが、ここでは上記の内容をアレンジしたdraftandgearオリジナルの管理しやすい方法を紹介してみます。

■まず最初に、Dドライブに「FirefoxData」というフォルダを作成しておきます。ここにプロファイルを保存するわけです。

■次に現状のプロファイルをDドライブに「FirefoxData」にコピーします。プロファイルは以下のフォルダに保存されています。
WindowsXPの場合
C:\Document and Setting\username\AppData\Mozilla\Firefox\Profiles\

WindowsVistaの場合
C:\ユーザー\username\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\

FireFox1



















「username」はログインしているユーザー名です。
AppData フォルダは不可視フォルダになっているので、ファイルオプションでWindows上から見えるようにしてやる必要があります。
「Profiles」フォルダの中の「xxxxxxxx.default」というフォルダにプロファイルのデータが収められています。(xxxxxxxxは無意味な英数文字の羅列です。)
この「xxxxxxxx.default」フォルダをDドライブに作成した「FirefoxData」の中にコピーします。

■続いて、1つ上位の「Firefox」フォルダにある「profiles.ini」もDドライブの「FirefoxData」の中にコピーしておきます。(拡張子を表示しない設定にしている場合は「profiles」という名称になります。)

■以上の操作を行ったらDドライブの「FirefoxData」内の「xxxxxxxx.default」フォルダの名称を「Profiles」に変更しておきます。
これでDドライブの「FirefoxData」フォルダの中身は右の図のようになります。
FireFox2













今回はココまでです。

[]

2010-01-09

[セキュリティ] Gumblarウイルスにご注意を!

FireFoxの話を進めるつもりだったのですが、Gumblarウイルスの話が出てきたので急遽取り上げることにしました。

Gumblarウイルス(GENOウイルスとも呼ばれます)は昨年5月頃から流行り出したウイルスですが、昨年の12月から年始に掛けてJR東日本、ホンダ、ハウス食品、ローソン、モロゾフといった一流企業のホームページが感染していたことが報告されています。
詳細はこちらを参照してみてください。

Gumblar対策を再チェック 基本的な作業で感染防止を
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1001/08/news085.html

このウイルスがどんな動きをするのかは、こちらを見て頂いたほうが良いと思います。

今話題の不正プログラム「ガンブラー」は、どんな振る舞いをするのか?
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/08/016/index.html

このウイルスは感染したホームページを見ただけでウイルスをダウンロードしてしまいます。ダウンロード後はレジストリを書き換えて、感染用のウイルスを自動作成します。
ですから運が良ければ、ウイルスに感染したホームページを開いた直後に「プログラムを実行してもいいですか?」「レジストリを変更してもいいですか?」といった表示が出るはずです。これをキャンセルすれば感染は防げると思います。

ただ、感染しても一般のユーザーにはあまり関係ありません。注意しないといけないのは、FFFTPというソフトを使ってデータの納品をしたり、ホームページの書き換えをするパソコンです。ホームページビルダーを使ってホームページの書き換えをしているパソコンもこれに含まれます。

GumblarはJavaScriptを使って感染しようとします。上記のような目的で使うパソコンは以下の項目をチェックしておいたほうが良いです。

1.Acrobat、AdobeReaderの対応版が13日に公開予定なので、
  それまではJavaScriptは使用しないように設定しておく。
  (AdobeReaderでは「編集」メニュー→「環境設定」を選択すると
   JavaScriptの設定ができる。)
2.ワクチンソフトのウイルス定義ファイルは常に最新のものを使用する
3.ワクチンソフトでパソコンの全スキャンをおこなう
4.FlashPlayer、Java Runtime Environment(JRE)を最新のものにしておく
5.MicrosoftOfficeも最新のものにしておく
6.WindowsアップデートでWindowsも最新にしておく

AdobeReader以外は初級者向けマニュアルに書いてあることばかりですかね。

[]

2010-01-07

[ソフトウェア] FireFoxのブックマークの保存場所を変更する(1)

最近はブラウザソフトの機能や検索エンジンの性能も高くなったので、アシスタント機能や検索で容易に目的のページへ辿り着けます。「お気に入り」や「ブックマーク」の必要性はかなり低くなってきています。

しかし、検索では出てこないようなページにアクセスする場合や、「これは!」と思ったページを覚えておくために「お気に入り」や「ブックマーク」は必要な機能で、これを重要なデータの1つと考える人も少なくないと思います。
draftandgearはメーカーのカタログや素材の一覧表のページを画面に出しっぱなしで仕事をしていることが多いのが、これらのページはすべてFireFoxのブックマークに保存しています。パソコンに不具合が起きてWindowsを再インストールするようなときでも、消したくない重要なデータです。これは別ドライブに保存しておきたいところです。

WindowsVista以降のインターネットエクスプローラは、「お気に入り」を別ドライブに設定できますが、WindowsXPでは別のブラウザソフトを使う必要があります。現状で「お気に入り」や「ブックマーク」を別ドライブに保存できるソフトはFireFoxとLunaScapeくらいです。

LunaScapeはインストール時にブックマークを別ドライブに保存するように指定できます。
あまり知られていませんが設定ファイルを変更すれば、FireFoxもブックマークを別ドライブに設定することができます。

【1/20追記】
最新のVersion6.01で試してみたのですが、この機能は無くなっているようです。現状で「ブックマーク」や「お気に入り」を別ドライブに保存できるのは、Vista以降のインターネットエクスプローラとFireFoxだけです。

次回からはFireFoxのブックマークを別ドライブに保存する方法を紹介することにします。

[]

2010-01-02

[パソコン一般] 謹賀新年(パソコンの御守)

あけましておめでとうございます。
初詣は行かれたでしょうか?
2つ3つと神社やお寺を回る方も多いと思います。
draftandgearの場合は…

神田明神下












ここは神田明神下…架空の人物ですが江戸時代に銭形平次が住んでいたのは、このあたりなのでしょうか。
実はココ、秋葉原の外れになります。正面の急な階段をのぼれば神田明神です。

神田明神












流石に正月ですから、賑わいが違いますね。

あなたも銭形平次銭形平次の碑


















御社殿(本殿)の右に銭形平次の碑もあります。
隨神門(正門)の内側にはこんなものも…これであなたも銭形平次!


神田明神の袋 お目当てはコレ!
普段は小さい袋なのですが、今回は大きい袋です。

中身は「IT情報安全祈願」というパソコンのお札です。他では聞いたことがないのでココだけではないでしょうか?
パソコンの街、秋葉原は神田明神の氏子です。5月の連休後の神田祭では、神田明神の神輿が秋葉原を練り歩きます。だから、こんなお守りが出来たんでしょうね。

IT情報安全祈願



















カードが1枚と大小のシールが1枚づつ。どう使えという指示はされていませんが、小シールは携帯電話用らしいです。(仕事のお守りというものもあり、そちらにも付属しています。)
大シールは本体か液晶モニタに貼ることになると思います。
[]